日本

魅惑のグランピング「農園リゾートTHE FARM」で大人の休日[関東/千葉]

グラマラス(魅力的)+キャンピングを意味する「グランピング」。手ぶらで手軽におしゃれなアウトドアを楽しめるとして、2015年に「星のや富士」のオープンを皮切りに話題となりブームとなりました。今では旅のひとつのジャンルとして定着してきており、新しい施設があちこちにできています。
そんな中、ブームより前の2013年より運営しているのが千葉の香取市にある「農園リゾートTHE FARM」。今回、THE FARMさんに取材を兼ねて滞在してきました。「グランピング」は以前より気になっていていつか体験してみたいと思っており、今回が初体験なので期待たっぷり。今回は犬連れ旅です。

東京から車で約2時間

ふれこみでは東京から1時間半ですが、出発する区や道の混雑具合、休憩などを見込むともう少しかかります。私たちは2時間ほどかかりました。
車が大好きな犬くん、嬉しそう。

お天気が心配でしたが到着時はぎりぎり晴れ。駐車場で車を降りるとよく整備された芝生のガーデンが広がります。

農園リゾート全図の看板が。かなーり広いです。

チェックインは15時ですが、取材があるので12時前に到着。
受付のロビーラウンジ棟は広くて綺麗でどこかアジアのリゾートホテルを髣髴とさせてくれます。

広報担当のM様とご挨拶して園内を案内していただきます。
いろんな部屋を見れちゃうというのが取材のうれしい特権。

農園リゾートを紹介

まず案内していただいたのは2019年に新設したというコテージ グランデ棟。
二階建ての上位クラスのコテージです。



うーむ♡住みたいレベル。

そしてテントタイプの「THE FARM キャンプ」サイトへ。こちらがいわゆる「グランピング」にあたる宿泊施設です。
最初に見せていただいたのは森の中に唯一佇む「フォレスト」

かわいい!
なんというおこもり感♡♡カップルにぴったり。
これだけ自然の中だと湿気が気になるところですが、テントにはなんとエアコンも備わっていて「除湿」もできちゃうんです。
テントタイプの宿泊施設を作るにあたり試行錯誤するため一番最初に設置したのがこの「フォレスト」なんですって。

そしてテントサイトへ。お天気がすっかり崩れ雨が降ったりやんだり。かなし。

こちらで最初に案内していただいたのは「ヴィラ」という上位ランクのテント。


こちらもかわいい!フォレストのテントより一回り広い印象。ダブルベッドが二つならび4人宿泊できちゃいます。
チェアやテーブルがあるのも違います。

最後に最上級のテント客室「グランテラス」


さすが「グランテラス」貫禄あるテントです。
広いテラスは二階建てになっていて、二階には暖炉とBBQルーム。BBQグリル機もワンランク上のものが用意されている。

テントはすべてアウトドアメーカーNORDISK(ノルディスク)社のものが採用されています。
少し気になったのは耐久性。質の良いものを使っていてもテントはテント。
「そうなんです、カビとかと戦い試行錯誤を続け、今は2年ごとにリフレッシュする運用で落ち着きました」
とMさん。
ちなみにNORDISK社のこのクラスのテントは約30~40万円ほどします。コテージ一棟建てるよりはリーズナブルとはいえ2年ごとに買い替えるとなるとなかなかのコストです。

グランピングでサウナ

11月から始まるというグランピングサウナも面白い♡ほんとにあっつあつのサウナになってました。


テントで火をたくなんて一酸化炭素中毒にならないのかとか一瞬よこぎりましたが、もちろん煙突から外に排出しています。

レストランカフェ

一通り案内していただいて時間は14時。チェックインまで時間はまだあるのでカフェでランチにすることに。
テラス席ならワンコOKというのもありがたい。
園内の畑でとれた新鮮な野菜がじまんということで、めちゃおいしい♡ お野菜たっぷり食べられます。
自家製バーニャカウダも絶品♪

あつあつのハンバーググラタン

コテージチェックイン

15時になったので早速チェックインです。今回私たちが泊まるのはペット棟コテージ。
ドックランを併設、というより、ドックランの中に3棟建つのがペット棟です。真ん中の13号室でした。


適度な広さで十分快適です♪

わんこはこちら。落ち着かないかな?

休む間もなく、15時半から「収穫体験」に参加です。
犬がわんわん言うので一人にしておけずダンナさんは犬のおもり。
説明を聞いた後にさっそく収穫です。



この日収穫したのはサツマイモ、ピーマン(3品種から5個)、ケール(5枚)でした。

コテージに戻って一休み。
その前に、ラウンジ棟にいってドリンクをいただきました。
今回Gotoトラベル対象の特別プランでなんとドリンクのオールインクルーシブが付いています。
ラウンジ棟での飲み物すべて無料でいただけるという太っ腹プラン。
メニューを見て、びっくり。オリジナルシャンパンはボトル一本(3850円相当)が丸ごと頂けちゃうですと?!
ビールも一本600円の地元のビール。もちろんソフトドリンク(250円)もフリーです。
なんというむちゃくちゃなサービス。

そして夕食の時間です。17~18時の間にBBQの食材をロビーラウンジ棟に取りに行きます。

部屋の前にあるBBQテントで広げてスタートです♪

スタンダードのセットだけでお腹いっぱいです。特にステーキはっぱないサイズでノックダウンしました。

温泉「かりんの湯」

食事のあとは併設の温泉へ♪キャンプ先で温泉に入れるなんて嬉しいサービス。
内湯はもちろん露天風呂にサウナもあり、宿泊者は何度でも利用できます。日帰り湯としても利用可能。

カフェで朝ごはん

翌朝、朝食はカフェでいただきます。ビュッフェスタイルで新鮮な野菜がならびます。自家製のカレーやソーセージなども。


「サラダごはん」がおススメ。

朝ごはんは他にも、かりんの湯での和食中心ビュッフェか、お部屋でホットサンドというのも選ぶことができます。

かりんの湯での朝食メニュー風景

あとファームテラスのソフトクリームもご賞味あれ。

お得なGotoトラベルプラン

今回はGotoトラベル適応プランで予約し、通常よりかなりお得な滞在ができました。
BBQメニューはグレードアップされドリンクのオールインクルージブもついて47000円相当が40000円に。そして地域共通クーポンを1万円ぶんいただきました。実際利用してみてそのすさまじいお得さを身に染みるほど理解。これは確かに旅行業界の活性化につながります。
でもそれがなくとも、THE FARMは素晴らしいリゾートなのでいつかまた再訪します。
すかっと晴れた青空の日に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

はじめての海外ひとり旅は19歳、フランス パリ。以来、旅歴約20年超、世界40カ国100地域くらい。
普段は会社員でWebデザイン&運用を生業としている。

関連記事

  1. キンプトン新宿東京アフタヌーンティ
  2. あざれあ 客船「あざれあ」で行く新潟から小樽への船旅
  3. オークラ東京宿泊記:クラブフロアビューバスルーム The Oku…
  4. ホテルマイステイズプレミア成田 旅出発と成田前泊「ホテルマイステイズプレミア成田」レポート
  5. 東京九州フェリーで新門司へ!乗船レポート(バイク一人旅)
  6. 海亀に会える東京リゾート『八丈島』1泊2日観光モデルコース!
  7. グランドニッコー東京台場ステイとヒルトン東京お台場ディナーbyア…
  8. 苫小牧から大洗へ。さんふらわあ「さっぽろ」船の旅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP