世界のホテル

【宿泊記】ディズニーシー「ミラコスタ」ヴェネチアサイドトリプルルーム

7月11日(日)、ディズニーシー「ミラコスタ」に初めて滞在したレポートです。親孝行を兼ねた旅行で70代の母と叔母を連れて3人で一泊しました。母親たちはディズニーシー自体も初めて。楽しんでくれるといいな♪
滞在したのはヴェネチアサイドのトリプルルームです。

Travel Data:
・ホテル:ディズニーシーミラコスタ
・部屋:ヴェネチアサイドトリプルルームNo2336 ¥69,000/室
・予約:ディズニー公式サイト
・オプション:
 -朝食ビュッフェ ヴェラヴィスタ
 -ディナー マゼラン
 -ランチ カナレット(イタリアン)
・ディズニーリゾートライン乗車券のおまけつき(1Dayパス800円x3人)

ミラコスタは一般のホテル予約サイトでも予約はできますが、公式サイトでの予約がおすすめ
なぜなら宿泊者特典として宿泊者枠で各種レストランやショーの予約が取れるためです。入場者よりもかなり予約が取りやすいです。そしてその枠は常に変動していてよくキャンセル空きがでるので、埋まっていてもあきらめずこまめにチェックするのがおすすめ!それで予約困難なヴェラヴィスタやマゼラン、カナレットの予約をとることができました。
楽天トラベルの割引デーでの予約も考えましたが、公式サイトで予約してよかった!

母たちと私は住んでる場所が離れているので、母たちは直通バスで、私は車で自宅を出発し、ディズニーシーの入口で朝8時前ごろに合流。車はミラコスタの駐車場に止めました。宿泊者は一日3000円です。
荷物をミラコスタのクロークに預けて、ディズニーシーに入場です。開場前から列ができていて8:15には開場され、列に並んで8:40頃に入れました。
母たちが最も楽しみにしていた新アトラクション「ソアリン」は2時間待ちの長蛇の列。母をがっかりさせたくないので、ひとり2000円の「プレミアアクセス」買っちゃいました。母たちは仕組みがよくわかっていない様子でしたが、ほぼ並ばずに乗れたことにもたいそう感動しており、よかったなと。もちろん「ソアリン」アトラクション事体にもすごく感激していました。
感無量。
なにせ70代、しかも母は足が悪く両足人工股関節が入っているので無理できません。その後も無理のない範囲で園内を楽しみました。
ちなみに入園後すぐにエントリーを試みたショーは、全滅。。。。む、無慈悲。。。

ランチはカナレットへ。
ここも予約がなかなか困難なレストランですが、宿泊者枠で予約できました。
テラス席にご案内いただいたので景色を楽しみながらランチタイム。
25周年特別コースをいただきます。


15時過ぎたのみミラコスタへ。チェックインとともに休憩です。
ディズニーアプリがそのままルームキーにもなっているのでそのまま部屋に向かえちゃいます。すごい仕組みだ。ヴェネチアサイドのルームNo2336。部屋が決まり次第アプリで部屋番号を確認できるのだけど、2000番台ということは2階かな、少し残念。上層階のほうが景色がいいからだ。あとは部屋のいちだな。ヴェネチアサイドは部屋の位置によって当たりはずれがあり、外れだと景色がほぼ見えない。

ルームNo2336は、一番端にある部屋でした。景色はゴンドラ乗り場ビューで、悪くありません!

休憩のあと、ミラコスタのプール&大浴場へ。
これもちょっと楽しみでした。有料なのもあってかあまり利用する人は多くないみたいですが、使わないともったいない。
歩き回って疲れた体をクールダウン。

ディナーをマゼランで予約しているので、夕方、再び園内へ。
無理しないゆったりした遊び方。
時間が少しあったので周辺さんぽ。噴火をみられて喜ぶ母’s。見れてよかったね。

そしてマゼランでコースディナー♡
パシフィックコース5800円。パンとか食後のコーヒーもついているので、ディナーコースはマゼランのこのコースはお得だと思います。

夜のパレードはディナーとかぶってしまったので残念ながら見れず。
一日で全部は難しいですね~。
母’sには夜景にも喜んでもらえたので良かった。

翌朝、朝食はヴェラヴィスタで朝食ビュッフェ。
ここが一番予約を取るのが難しかったです。毎日のようなアプリでキャンセル空きを狙って狙って狙って、、、奇跡の空きをすかさず予約!

ディズニーシーの絶景を見ながらの優雅なあさごはん♪
これを母’sにも見て体験してもらいたかった。
(花より団子、景色より食べ物のご様子でしたが。。。)

平均年齢高めの楽しい女子会はこれにて終了です♪

以上、ミラコスタ&ディズニーシーレポートでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

はじめての海外ひとり旅は19歳、フランス パリ。以来、旅歴約20年超、世界40カ国100地域くらい。普段は会社員でWebデザイン&運用を生業としている。
いくらの詳細プロフィール>

関連記事

  1. カッパドキアのケイブホテル「アンティークテラススイートAntiq…
  2. グランドニッコー東京台場ステイとヒルトン東京お台場ディナーbyア…
  3. 東京九州フェリーで新門司へ!乗船レポート(バイク一人旅)
  4. カッパドキアCappadocia Caves Hotel滞在レポ…
  5. アンタルヤ「アクラホテル」の朝食とリゾートタイム|トルコひとり旅…
  6. サンフランシスコホテルフュージョンHotel Fusion宿泊レ…
  7. Risata Bali Resort 南国ムード満タン♪バリ島「リサタ バリ リゾート」空港近く弾丸旅…
  8. アテネのホテル選び~ギリシャ一人旅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP