アメリカ鉄道の旅2011

#03ロサンゼルス乗継で不審がられるいくらの巻|アメリカ鉄道の旅2011

USA2011

12月25日
北京空港を出て11時間半、出発が30分遅れた分、到着も30分遅れて17:30頃、ロサンゼルス国際空港に到着した。機内ではぐっすり寝ていたのであっという間でした。
ところでこの後19:15発サンフランシスコ行きの便に乗り継ぐ予定のため、到着が遅れたことに少し焦りを感じていた。


飛行機を降りてイミグレーションに進むと、すごい混雑。係員に誘導されて列に並ぶ。私の並んだ列には4つの窓口があったがどこも遅々として進まない。1人1人にやたらと時間がかかる。何か不審点があるのか別室に連行される中国人も1組、、、2組、、、、。
さすがに焦って係員に「この後乗継予定がある」と申し出ても「オーケィ、そのまま並んで」と話にならない。時間は18:00・・・18:10・・・18:20・・・やっと順番がきた。ふぅ。
ここまできたら安心・・・と思いきや、なんと予想外の質問攻めにあう。
「パスポートの名前が違うけど?」これはもう何十回と説明してきたことだから問題ない。
「結婚して名前が変わりました。次のページに正式名があります。」
「何が目的で来た?」「どこに泊まる予定?」「アメリカに来たことあるのか?」「なんで一人なの?」「旦那はどうした?」「どこから来た?」「どこへ行く予定だ?」「ロスに友達がいるのか?」「なぜサンフランシスコに行く」「クレジットカードは持っているのか」「お金はいくら持ってるんだ」・・・ets
とにかく質問がエンドレス。しかも容赦のない英語。聞き取れなくて何度か聞き返しながら、一つ一つの質問になんとか迎え撃つこと10分・・・15分・・・やっと解放され入国することができた。
昨年来たときはこんな質問攻めなどに合わずすんなり入れたのに(T_T)。中国系の飛行機を使ったのが原因かな。
18:35。ちょーやばいよ!離陸まであと40分しかない!!!
とにかく猛ダッシュで乗り換えターミナルに向かう。最悪なことに離れた反対側のターミナルだ。巡回バスを待っている時間もなくとにかく走った。走った。アメリカン航空のカウンターに駆け込みチェックイン。ボーディングパスを受け取りエスカレーターを駆け上がると・・・そこでもまた、列。荷物検査の列だ。
もぅ、泣きそう。
「私たちは時間がかかるから先どうぞ」と前のファミリーに順番を譲ってもらって感謝しつつ、並ぶこと10分、荷物は通ったけどなぜか私が引っ掛かってしまい、ボディチェックを受けて、もういろんなハラハラの連続で魂がすり減らしながら、出発20分前に出発ゲートにたどり着いた。
ダメかと思ったよ。
「乗れなかったら、ロスの空港近くでホテルに泊まって明日の朝一番の便でシスコに飛んだとしたら、今夜予約している宿は返金不可だからあきらめるとしても、そもそも3連泊だから予約が全部キャンセルになっちゃうかな。。。」
そんなことを考えながらの乗継劇はなんとか収束し、無事サンフランシスコ行きの便に乗り込み一路シスコに向かいました。

サンフランシスコ到着

ロスからシスコは空路なら1時間15分。12月25日の20:30、サンフランシスコ空港に到着しました。日本を出て北京とロスを経由し3フライト1日半かけて目的地に到着です。(日本時間26日13:30)。たった1時間のフライト中にはちゃんと無料のドリンクサービスがありました。

サンフランシスコ空港も広い。到着したターミナル 2は昨年できたばかりということできれいで、モダンなインテリアでした。日本食レストランなんかも入っていたり。
さて、空港から市内へ本日最後の移動です。バスや地下鉄、タクシーなどいくつか選択肢がありますが、一番簡単で安い地下鉄=BARTで移動することに。疲れていたらタクシーもありかと考えていたけど余力があったので。巡回無料モノレールでBARTの空港駅へ移動して自動販売機で切符を買ってBARTに乗り込みます。こういう情報はやっぱり地球の歩き方様々。サンフランシスコ市内(ダウンタウン)までは約30分、8.1ドル。ホテル最寄りのPowell 駅で降り地上に出ると、都会のど真ん中でした。例えるなら表参道のようなこじゃれた雰囲気。ケーブルカー停留所が目の前にあり、いきなりサンフランシスコ名物に遭遇してちょっと興奮。街一番の繁華街だけあって、夜の9時だというのにあちこちに人が歩いています。治安はまったく問題なさそうな雰囲気。

はやる気持ちを抑えてまずはホテルに向かいます。
予約しているのはPowell駅から近い中級ホテル「Hotel Fusion」。すぐには見つからなくてアイフォンのGoogleMapGPSナビに頼って無事到着。1階フロントでチェックイン。1泊5000円と安いのでまったく期待はしていなかったのだけど、思っていたよりちゃんとした良いホテルです!割り当てられた部屋も比較的広めの良い部屋のようです♪3日間お世話になりまーす!

荷物を置いて休憩もそこそこに、うずうずしちゃって周辺散歩に出かけました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

はじめての海外ひとり旅は19歳、フランス パリ。以来、旅歴約20年超、世界40カ国100地域くらい。
普段は会社員でWebデザイン&運用を生業としている。

関連記事

  1. #10ヨセミテ国立公園日帰りツアーレポート|アメリカ鉄道の旅20…
  2. #05サンフランシスコとアムトラックオフィス|アメリカ鉄道の旅2…
  3. アムトラック Amtrak サンフランシスコとカリフォルニアゼファー号の旅+北京2011
  4. ホテルカーディスデンバーThe Curtis Denver宿泊記…
  5. アムトラックの予約と料金|アメリカ鉄道の旅2011
  6. #04サンフランシスコのクリスマスと夕ごはん|アメリカ鉄道の旅2…
  7. #06シスコでサイクリング!ゴールデンゲートブリッジへ|アメリカ…
  8. #09シスコのスーパーとフィッシャーマンズワーフディナー|アメリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP