ギリシャ2019

[乗船記6]ロドス島タウン編と船内案内-セレスティアル エーゲ海クルーズ

スポンサーリンク

クルーズひとり旅乗船記。「レポート(5)ロドス島リンドス編」の続き。11月6日、クルーズ3日目。午前中に古都リンドスを観光した後ロドスタウンに戻ってきた。

Celestyal Cruises Day3: Rhodes

リンドスからバスで1時間かけてロドスタウンに戻り街中で下車。往復で2時間移動に取られちゃうのはちょっともったいない。
エクスカーションはまだ続いていて、ガイドさんの解説を聞きながら40人近い日本人団体でオールドタウンを歩いて行きます。中世のような石畳の街並みはどこを向いても絵になる景観。

ツアーは主なポイントを外観だけ見て解説するだけの簡単なもの。だいたい30分ほど歩いて港が見えるところまできて解散です。

バスで船に戻ることも歩いて戻ることも可能ですが、私はこのまま少し街を歩くことに。だってやっと自由!開放感すごい。先ほど解説だけで通りすぎた宮殿まで戻り入場料を払って中に入りました。人は少なく静かにゆっくり見て回れた。それから観光案内所でマップをもらい、お店を見てまわり、さんざん写真を撮り、ジェラートを買って、歩いていったん船に戻りました。楽しすぎ。
 

港にはセレスティアル以外にもクルーズ船が停泊していました。それが大きいこと!ロイヤルカリビアン社のクルーズです。近づいてシップ名を確認すると「ジュエルオブザシーズ」。調べたらこれで9万トン級の船だと知りました。いつか乗ってみたい。

船に戻ったのはランチを頂くため。時間は13時過ぎ。4階のレストランに入りました。ビュッフェスタイルでいただきます。
4階のレストランは基本相席。案内してもらった席に座ります。
お魚のグリルをメインに頂きました。おいしい。ドリンクは飲み放題メニューから選ぶ。乗船カードのバーコードをスキャンして管理されています。

ランチを食べながらガイドブックを見て午後の後半戦の検討。すでに歩きすぎて足腰ヨボヨボですが行かないという選択肢はありません。
食後はラウンジに移動して休憩しながらSNSを更新したり。いったん部屋に戻りベッドにダイブしたい気持ちをおさえて、14時半過ぎに再び町歩きへ出発です。出港の17時半まであと3時間しかありません。
先ほど見ていない博物館に入ったり買い物したり、ねこ探ししたり。
あっという間に時間は過ぎて行きました。
 
 
 

17時、船に戻ります。
 

船に戻りその足で甲板へ。サンセットの写真を撮ろうと思ったけど、もう沈んでしまった。

甲板から続くデッキ9にあるAURA GRILでは軽食サービス中。つい立ち寄っちゃう。
ギリシャのB級グルメギロピタと、ホームメードクッキー。コーヒー類もあったけど、バーで「ロングアイランドアイスティ」をオーダー。
もちろんぜんぶ無料。素晴らしすぎる。
 
 

18時、ロドス島出航です。うっすらとマジックアワー。街が紫色に染まった。美しい。

名残惜しい。と思うくらいが逆にちょうどいいのかも。いつかまた、来よう。

最後の夜になるので船内で行っていないところに行ってみよう、と思い立つ。もうクタクタなのだけれど休むのはもったいなくて。
まずは最上階、デッキ12にある「ホライゾンラウンジ&バー」へ。入り口が分かりにくくてちょっとした隠れ家感のあるバーだ。ガラス張りの窓から船を見下ろせる。
飲み放題メニューから、まだトライしていないカクテルをオーダー。2杯目は、アルコールが強すぎた。
 
 

ホライゾンラウンジ&バーを後にして降りていく途中、デッキ7にラウンジバーがあることに気がつきのぞき込んでみた。
「エクリプスラウンジ&バー」ここも分かりにくい場所にありひっそりとしている。誰もおらず、使われている形跡がなかった。
後から思い出したけど、ここは初日に日本語説明会が開催された場所でした。反対側から入ったのでわからなかった。
 

それからデッキ8にあるジムをのぞいてみた。ここにはサウナがあって、ほとんど使っている人いないからおすすめだよ、と船内で知り合った日本人の初老のご夫婦に聞いていた。
確かに誰も使っていなかった。
 
 

デッキ4、レセプションがあるフロアには免税店やコンビニがある。
 
 

この日は20:15~20:45にデッキ5のMusesラウンジにて「キャプテンが招待するカクテルパーティー」が開かれるということで、20時にはデッキ5は超混雑。みなさんドレスアップしていてなんだかわくわくします。
私もなんちゃってフォーマルな装いでラウンジに入る列に並びました。なかなか、進まないな~と思っていたら、1グループづつキャプテンと撮影してからの入場のせいだった。入り口近くには日本人クルーの方もドレスアップしていらっしゃって素敵なイメチェン。入り口でカクテルをいただく。
 
ラウンジ内はぎっちり。席つめつめで案内してもらったけれど、10分ほどで会場を離れました。正直、ちょっとパーティの趣旨がよくわからなかった(笑)まだ未熟者です。
このパーティのためにデッキ4レストランの夕食の時間が制限されていてやっと解放されたのでディナーをいただきに行きました。
今夜もユニークでおいしいアラカルトメニュー。選ぶの迷っちゃう。楽しい時間。
 
 
 
ディナーの終わりごろ、突然クルー達が前に勢ぞろいして何かの歌を歌い始める。欧系?の方々にはうけていてすごく盛り上がり始めた。

21:45からは本日のハイライトイベント「ギリシャ神話ショー」。食事を終えてその足で会場のラウンジへ。サーカスも兼ねたような動きと音楽と照明で魅せる。
 
30分ほどのミニショーでしたが最後まではいませんでした。途中で会場をそっと抜け出す。
そして向かったのは、甲板。海が見たくて。
 
誰もいない静かな甲板では風の音と波の音だけが響く。こういう時間が好き。

明日の朝にはクレタ島イラクリオンです。

エーゲ海クルーズ(7)クレタ島イラクリオンとクノッソス編」に続きます。


[PR]ベストワンクルーズ公式サイトは|検索比較して最安値激安予約。
実績と安心のクルーズ旅行専門会社。海外発着から日本発着まで、クルーズのみもお得。
ベストワンクルーズ公式サイトbest1cruise.com





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. [乗船記1]概要と乗船-セレスティアル エーゲ海クルーズ
  2. アテネのホテル選び~ギリシャ一人旅
  3. お得!ヨーロッパ周遊SIMをアマゾンで購入forギリシャ旅行vs…
  4. S7航空搭乗レポート!ロシア ウラジオストクへ。Webチェックイ…
  5. [乗船記3]トルコクシャダス編セレスティアルエーゲ海クルーズ
  6. [乗船記8]サントリーニ到着編-セレスティアル エーゲ海クルーズ…
  7. サントリーニ空港とオリンピック航空(エーゲ航空)でアテネへ
  8. シチリア/シラク―サ 古代遺跡が息づく古都シチリア シラクーサの静かな休日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP