ギリシャ2019

[乗船記7]クレタ島イラクリオンとクノッソス編-セレスティアル エーゲ海クルーズ

スポンサーリンク

セレスティアルクルーズのひとり旅乗船記。「レポート(6)ロドス島タウン編と船内案内」の続きです。
11月7日、クルーズ4日目。今日の寄港地はクレタ島イラクリオンとサントリーニです。

Celestyal Cruises: Day 4 Crete

早朝6時前、今朝もデッキ10の甲板に出ると外はまだ暗闇の中。遠くに街の明かりが見える。人気のない静かな船。

予定では7時にクレタ島イラクリオンに到着する。寄港時間は5時間ほどと短い。
イラクリオンってどうもイクラリオンってみえちゃう。どうでもいいですけど。
15分ほど海を眺めていたら港が見えてきた。イラクリオンに到着だ。予定より早い。

朝食を食べよう。いつものデッキ9にある「レダカジュアルダイニング」に入って朝ごはん。
 
ちなみにデッキ4のエーゲレストランでもメニューはほぼ同じ。少しだけ違う。テーブルコーデやグラスがガラス等が異なってる。
 

いったん部屋に戻って出かける準備をして7時半にラウンジに。順次船を降りる。
ここではエクスカーションに参加しないのでフリーで動く。あまりよく考えていなくて、とりあえず町中のほうへ歩いていこうと考えていた。
一緒に下船した日本人個人組はタクシーをチャーターして「クノッソス宮殿遺跡」へ行くことを検討しているとのこと。たむろしているタクシードライバーと価格交渉。私も参戦することにしました♪意気投合した日本人5人で1台のタクシーをチャーター。助手席に1人、後部座席に4人というなかなかの過積載で出発。エクスカーションツアーだと一人74ユーロかかるところ、一人20ユーロで済みました。
途中見晴らしの良いところで撮影タイムを設けてくれたり比較的親切なドライバーでした。クノッソス宮殿は想定外に広大な遺跡で。予備知識ないまま来てしまったので売店で売っていた日本語ガイドブック(7€)を購入。
  
 

クノッソス見学の跡はイラクリオンの町中にある博物館へ。ここでタクシーを降りてチャーターは終了。5人組もそれぞれに自由行動へ。
私は博物館を見学した後少しだけ街を歩いてそのまま船へ歩いて戻る。船に戻る道のりは思っていた以上に距離があって、起伏もあったりして少し迷った。
博物館以外はなんにもこれといった見どころのない町だったので、クノッソス行ってよかったと思った。一緒に行ってくれたみなさんに感謝。
 
 
いい天気。快晴でうれしい。

甲板では日光浴をして過ごすゲストも。私はARUA GURILのスイーツとコーヒーフラッペで一休み。
先ほど購入したガイドブックを読んでおさらいしたり。
 
11時半、出航です。

それにしてもいい天気で暖かい。プールでは泳いでいる人も。
12:30 私もたまらず、いったん部屋に戻って水着に着替えてプールへざぶん!
まさか11月にプールに入れるなんて思ってなかった。もうこれで思い残すことはないかも。

13:00 レストランへ。カジュアルダイニングレダでランチ、気軽に食べられるこちらのレストランを使うことが多い。
ポークリブがおいしい。海が見える窓際の席で心地よい。
 

13時半から明日のピレウス港(アテネ)下船説明会があるので会場のラウンジへ。いったん説明を聞いたのちに、個別の質疑応答で午後のサントリーニで途中離脱する相談をしたら再確認する、と。
もう一人の一人旅している日本人男性も「途中離脱できるなら俺もしたかったかも」というので、「今なら手配できますよ?」と日本人クルーYさん。「うむむ~即決できん!」なんだかユニークなお兄さん。
このお兄さんの情報で知らなかったことをひとつ知る。船上WiFIは有料だけれども、機内サービス案内を見るだけなら無料、かつ、オンラインで自分の利用状況も分かるようになってると。今まで頼んだカクテルなどがすべて一覧になってみることができた。日本人クルーYさんも知らなかったようだ。
その後、Yさんと一緒にレセプションへ行くといろいろ想定外のことが発覚。
・途中離脱することになっていなかった(ピレウス港下船の予定になっていた)
・サントリーニで途中下船する場合、エクスカーションの人たちと同じ町から離れたほうのアティニオス港になるのが基本
そこでYさんが機転を利かせてくれて、サントリーニ途中離脱の手配と、個人が下船するオールドポート(町に近い)のほうに降りることを頼み込んでくれてなんとかなった。
荷物がバックパックであることをアピールしたことが功を成した。それ以外もYさんが力強くサポートしてくれてすごく助かった。パスポートの返却や清算もここで完了。清算する追加料金はなかった。
なんやかんやともう14時過ぎ。16時半にサントリーニに到着するまで残された時間はあとわずか。荷物をまとめたり、思い残すことのないように、うろうろする。

15時過ぎにはサントリー二が見えてきた。予定より早い。甲板には珍しく人だかりが。エーゲ海の島々の中でもサントリーニは人気なんだね。
 
眺めていると、先ほどの説明会で話をした一人旅男性のSさんにばったり。お互いになんとなく一人旅をしているなというのは気が付いていたけれど、ちゃんと話すのは初めてだったりする。聞くところによると、彼は医者をやめてかなり長い事旅を続けているとか。サントリーニで途中離脱したかったけれど、アテネに戻ったらすぐに次のフライトが待っているとかで難しいらしい。やっぱり、面白い人だった。そんな彼にぴったりの「シングルトラベラーステッカー」をプレゼント。Facebook交換をした。

ゆっくり話したかったけど、15時半にYさんとラウンジで待ち合わせの約束をしていた。いったん部屋に戻って荷物をすべて持ってラウンジに向かう。Yさんから下船チケットを融通していただき、待機。順番が来て船を降りる。下船カウンターで念のため途中離脱であることを告げるとリストになかったようでスタッフが電話で確認とったりと足を止められるもなんとか確認とれて降りることができた。ほっとした。
さらばセレスティアル。
 

さびしいな。泣ける。。

でもこの旅はまだまだ続く。
いよいよ、サントリーニ島に上陸です!!


[PR]ベストワンクルーズ公式サイトは|検索比較して最安値激安予約。実績と安心のクルーズ旅行専門会社。海外発着から日本発着まで、クルーズのみもお得。
ベストワンクルーズ公式サイトbest1cruise.com





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. マルタの古都イムディーナ マルタの古都イムディーナで中世に浸る宿「ポイント ドゥ ヴ Po…
  2. [乗船記4]パトモス島-セレスティアル エーゲ海クルーズ
  3. S7航空搭乗レポート!ロシア ウラジオストクへ。Webチェックイ…
  4. アテネのホテル選び~ギリシャ一人旅
  5. サントリーニ空港とオリンピック航空(エーゲ航空)でアテネへ
  6. マルタ バレッタ オズボーンホテル マルタの古都バレッタ「オズボーンホテルOsborne Hotel…
  7. ダッハシュタイン クリッペンシュタインの大氷穴と壮大な絶景に感嘆[オーバートラウン…
  8. シチリア/シラク―サ 古代遺跡が息づく古都シチリア シラクーサの静かな休日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP