ギリシャ2019

ギリシャひとり旅を終えて

スポンサーリンク

「これ以上の旅は、もうできないかもしれない。」
そう思うほど、今回の旅は最高の出来だったと思う。
私にとって、“オリジナルの旅を作り上げる”ことは作品のようなもの。今回の旅は最高峰の作品だ。

何度も旅をしていると旅はマンネリ化してしまう。感動や驚きがどんどん薄れ味気なくなってくる。せっかく休暇をとって旅に出るのに、つまらない旅にしたくない。
だから、行ったことのないところへ行き、やったことのない事をやる。
今回クルーズを組み込んだことと、マラソンに参加したことで旅がより面白くなった。何より、ギリシャという国が予想を遥かに超えた魅力のある国だった。

クルーズ船はいつか乗りたいと思っていたけど「時間を持て余すんじゃないか」とか「寄港地に滞在できるのが数時間だけじゃ物足りない」「同じ狭い部屋で数日過ごすのは飽きるんじゃないか」とネガティブな考えもあった。
若い時であればその考えはその通りになっていたかもしれないけれど、マダムと呼ばれる歳になった私にはちょうどよくはまった。そして最終寄港地サントリーニでクルーズを途中離脱するという選択、これが大きなポイントだった。もし離脱せずあの味気ないアテネ ピレウス港に戻っていたら、船旅の印象だけじゃなく旅全体の印象は大きく違っていたに違いない。(ぼったくりタクシー事件のせいでピレウスの印象が悪い)
サントリーニで過ごした2日間は奇跡のような時間だった。

ちなみに「ぼっちでクルーズなんて寂しいんじゃないか」とは1ミリも思わなかったし実際120%楽しめた。

そしてもうひとつのハイライト「アテネクラシックマラソン」。
地元のイベントにエントリーして参加するというのも初めての経験だった。これによって単なる傍観者じゃなくなりギリシャ アテネという街を身体全体で感じ、一体感を得た。歴史的遺跡であるパナシナイコスタジアムにゴールしたあの瞬間、あの感覚。走るというシンプルなスポーツを全力で行う事が、こんなにも最高の気分にしてくれるなんて。

もうひとつ、カタール航空のビジネスクラスアップグレードも旅をより盛り上げてくれる要素となった。世界一を誇るビジネスクラス「Qスイート」で最高峰を体感した。

ただし不安もたくさんあった。
クルーズの途中離脱はスムーズにできるだろうか。寄港地でうっかり船に乗り遅れるとかないのだろうか。
オフシーズンで街は閑散としすぎていないだろうか。
雨季だがお天気は大丈夫だろうか。
前日までに必須のマラソンの現地チェックインは間に合うだろうか。会場のファウロエキスポには行けるだろうか。
旅最終日にマラソン5Km完走できるだろうか。
サントリーニからアテネへのフライトは遅れや欠航にならないだろうか。
最終日のアテネのホテルはきちんとレイトチェックアウトできるだろうか。
カタールでの乗り継ぎは間に合うだろうか。

幸いにもこれら懸念はすべて杞憂に終わった。幸運だったとしか言いようがない。
基本的には心配性であらゆるリスクを想定してしまうので、ひとり旅は常に不安を携えている。それでも自分が最良だと思う旅を妥協なく組み上げる事が、旅の最も面白い部分だと思ってる。

世界を冒険しよう。人生を楽しもう。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. ギリシャサントリーニのホテル選びとクルーズ離脱
  2. [乗船記8]サントリーニ到着編-セレスティアル エーゲ海クルーズ…
  3. マルタの古都イムディーナ マルタの古都イムディーナで中世に浸る宿「ポイント ドゥ ヴ Po…
  4. ギリシャのにゃんこ・わんこシリーズ
  5. アテネクラシックマラソン2019参加レポート【ギリシャ一人旅20…
  6. S7航空搭乗レポート!ロシア ウラジオストクへ。Webチェックイ…
  7. 19歳、初めてのひとり旅フランスパリへ-出発日
  8. エーゲ海クルーズを個人で格安に手配する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP