シングルトラベルレポート

19歳、初めてのひとり旅フランスパリへ-2日目

スポンサーリンク

なかなか寝つけなくてAM3:00すぎに起きてしまいました。シャワーを浴びてさっぱりして、今日の観光プランを考える。
7:00ごろ朝食をとりに2階のレストランへ。コンチネンタル式の朝食と聞いていたので、簡単なものだと思っていましたが、メニュー色々の大満足な朝食でした♪まわりを見ると日本人ばかり。
胃の具合も良くなって安心。さて、いよいよ観光です。

8:30ホテル出発。まず最初の目的地は「モントレイユの蚤の市」でもその前に、メトロ(地下鉄)の窓口へ行ってメトロのパスを買うことにしました。
「カルトオランジェ・エブデマくださ~い」(つたないフランス語)
「Non」
「・・・・(Why?)」
軽く一言ノーといわれ、よく解らないけど買えないらしいので諦めて蚤の市へ向かうことに。 地図で見たところ、ホテルからそんなに遠くなさそうなので歩いて向いました。
歩くこと、2時間。。。。
見つからない。
いよいよ迷子さんになってしまい、どこにいるかも解らないので、人通りの少ない通りで道行く女性に声を書けました。
「ウ ソム ヌー?」(ここはどこですか?)
女性に教えてもらった現在地は「ヴァセンヌの森」近くでした。だいぶ遠くまで来てた。さすがに歩き疲れて、蚤の市はどうでもよくなってきた。メトロの入口を見つけたので、それで市街地へ移動することにしました。カルネ(回数券)を購入してメトロに乗り込む。初めて乗るパリのメトロは日本のそれとはちがった、陰気な雰囲気でした。
次の目的地は凱旋門。最寄り駅よりひとつ手前の駅で降りて、シャンゼリゼ通りを少し歩いて向かうことにしました。地上に出ると、十数メートル先に大きな門が見えた。凱旋門だ。
通り途中の両替所で両替した(1万円T/C=415FFレート悪し)
門の地下で売っているチケット売り場で、入場券を買う。お得なパス「カルトミュゼ5日間」 を購入しました。特定の美術館や博物館などのフリーパスチケットです。 エレベーターで門内部を登る。それから階段を登り、屋上へ。景色はなかなかのもので、360度パリのパノラマ。写真を撮ろうと思ったら、カメラが電池切れで撮れませんでした。今日一日、写真は断念せざるを得ない。。。
凱旋門の中は博物館になっていて、ショップも併設していました。とくに買い物もなく、門をあとにしました。
先ほどから降っていた小雨が少しひどくなってきました。歩き続けたせいで、足がとても痛い(>_<)。
プティパレ・グランパレという豪華な建物を横目に見て通り過ぎる。コンコルド広場に着いた。そこからマドレーヌ寺院を発見。そこで、ガイドブックに載っていたこの寺院近くのレストランに行くことにしました。
「LeTybreizh」という小さなレストラン。日本語メニューもありました。お店のムッシューはとても親切でした。ランチのフランス料理コースは高くなく、おいしかったです。前菜のエスカルゴ(!)にメインのビーフとバケットとデザートで85FFでした。
13:40分。お店を後にしてマドレーヌ寺院見学。すごく、荘厳なお寺でした。感動。それから「サンロック教会」を見学後、リヴォー銀行にて両替しました
(T/C=458FFレート良し)。少し先の両替所ではT/C=462FFで、さらに良いレートでした。
「パレ・ロワイヤル」見学。足の痛さに耐えきれず、ここで一休みしながら日記(旅メモ)を書く。
さて、次はどうしよう。いろいろと考えたすえに、ピカソ美術館に向かいました。すこし距離があるのでメトロで移動。少し迷いつつ、なんとか到着。(16:30)見学して17時過ぎにはでました。開館は17:30まで。
メトロでホテルに戻りました。部屋へ直行してベットに倒れました。足が、腰が、痛い。一休みもつかの間、ホテル向かいのデパートへ行ってみました。送迎の係員さんお勧めだったので。大きな建物の中は、専門店街あり、食品売り場ありの総合ショッピングセンターのようでした。これはイイ!食品売り場はとても広く、品ぞろえもボリューム満点で、現地の人は、カゴではなく、大型カートで買い物をしているあたりに、日本との違いを感じました。そして、安い。店員さんはローラースケートを履いていたり、びっくりなことばかり。レジがまた、日本と違って、ベルトコンベアーのようになっていて、自分で商品をそこにおいて、レジを通 してもらうようになっていました。いろいろとお夜食を買い込んでしまった(^^)

今日の冒険はこれにて終り。思ったより、沢山のスポットを廻れました。疲れたので早めに就寝。

3月3日出費メモ
・チップ 4F
・カルネ 46F
・カルとミュゼ 200FF
・ランチ 90FF
・デパート 42.65FF
・テレフォンカード 40.6FF
合計 423.25FF(約9735円)



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. ウラジオストクの素敵な宿シビルスコエ ポドヴォリエSibirsk…
  2. ウラジオストクのグルメグリ
  3. アテネのホテル選び~ギリシャ一人旅
  4. 19歳、初めてのひとり旅フランスパリへ-概要と準備
  5. 21歳ドイツ一人旅ロマンチック街道を行く鉄道の旅-出発編
  6. 20歳イタリア一人旅-ローマ&フィレンツェ-出発編
  7. アテネ クラシック マラソン2019-個人エントリー
  8. 19歳、初めてのひとり旅フランスパリへ-5日目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP