トルコ2022

旅を終えて~トルコひとり旅2022

約3年ぶりとなるトルコ9日間のひとり旅から帰ってきて書いています。

整いました「トルコ」ひとり旅の計画2022

コロナのごたごたの渦中だったし、前回GWのギリシャ行きも出発2日前でキャンセル(延期)するなどあったので、正直直前まで本当に行けるのかどうか自分でも半信半疑だった。
だけど今回は急ブレーキをかける要素がなく、あれよあれよと出発日がやってきて出発前日、当日にゆっくり旅支度をして出発することができた。


最高の、旅でした。
それは夢のようで、今となっては本当に夢だったのじゃないかと思うほどに。

世界は相変わらず美しく、旅はエキサイティングで、
ブランクがあっても、この歳になっても、何度繰り返しても、
飽きることなどあろうはずがない、魂を揺さぶる体験だと、
再確認した。

久しぶりの海外なので、あまり欲張らず今回はトルコのみに絞った。訪問したのは3か所だけ。
大都会イスタンブール、
乾燥した砂と岩の大自然カッパドキア、
麗しい地中海リゾートアンタルヤ。
3様に素晴らしい場所だった。
ゆったりと、深く、その地を満喫した。

細かい旅の予定は何も決めず、ほぼ行き当たりばったり。
イスタンブールでは、自由気ままに街を歩き、船に乗ったり、
カッパドキアではスクーターを借りて大自然の中を走ったり、目についたレストランで食事したり、
アンタルヤでは、思うままにリゾートでのんびりしたり、旧市街を歩いたり、
予定が決まっていない旅って、いい。

とはいえ、国内線の手配だけは事前に行っておいた。
直前だと満席になったり高くなってしまうので。
フラッグキャリアのトルコ航空に加え、LCCのペガサス航空を初めて利用した。
新しい航空会社を使うというのも、旅の楽しみ。

空港も、いろいろ利用した。
イスタンブール空港に加えて、イスタンブールのサビバ・ギョクチェン空港、カッパドキアの最寄であるデ二ズリ空港、カッパドキアのもう一つの空港カイセリ空港、そしてアンタルヤ空港。
旅の移動は「ゲーム」感覚。無事に移動できたら「攻略」。

私にとって、一つの旅は一つの「リアル・ロールプレイングゲーム」だ。
新しいゲームを企画して、攻略すること。それを目いっぱい楽しむこと。
旅の目的は「楽しむこと」。それ以上でも以下でもない。
私はまた、楽しむために旅をする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

はじめての海外ひとり旅は19歳、フランス パリ。以来、旅歴約20年超、世界40カ国100地域くらい。普段は会社員でWebデザイン&運用を生業としている。
いくらの詳細プロフィール>

関連記事

  1. イスタンブールの観光概要とホテル選び|トルコ個人旅行ひとり旅
  2. 1日でめぐるイスタンブールの観光スポット【後編/旧市街】|トルコ…
  3. 世界遺産カッパドキア滞在記【2】スクーター絶景ツーリング|トルコ…
  4. アンタルヤの旧市街「カレイチ」散策!|トルコひとり旅
  5. カタール航空で行く「トルコ」ひとり旅の計画2022
  6. アンタルヤ巡り~考古学博物館とかビーチとか|トルコひとり旅
  7. アンタルヤ「アクラホテル」の朝食とリゾートタイム|トルコひとり旅…
  8. トルコの地中海リゾート「アンタルヤ」到着とアクラホテルのスイート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP