モルディブ&エジプト2018

【旅レポート】庶民がエミレーツ航空ビジネスクラスに乗ったら天国だった

この旅は、東京~コロンボ経由~モルディブという旅に、コロンボ~ドバイ経由~エジプトカイロの旅を組み入れた変則的な行程。コロンボ~カイロはエミレーツ航空を利用、帰国便のドバイ~コロンボのフライトでビジネスクラスを利用したレポートです。レポートはカイロ空港出発から始まります。

25 November Cairo Airport

11月25日 カイロ空港23時。ガイドさんの送迎で空港に到着しエミレーツ航空カウンターでチェックインを済ませ、カイロ~ドバイ~コロンボの2区間分のボーディングパスを受け取る。ドバイ~コロンボ間は夢のビジネスクラスシートだ。

改めて経緯を説明すると、最初からビジネスクラスを購入したわけではない。購入したのは全フライトエコノミーシートで料金は97,091ルピー、スリランカ発着のためルピー決済だったが日本円にして約7万円。
ところが昨日、帰国便のWEBチェックインをしようとスマホを操作していたところ、エミレーツ航空から来ていたビジネスクラスアップグレードのオファーメールに気が付き、金額が手ごろだったために申し込んだ。その価格は35900ルピー、日本円にして23000円だ。アラブの富豪も利用するラグジュアリーな(というのはほぼ妄想だが)エミレーツ航空のビジネスクラス、利用できるのはきっとこれが最初で最後。

出発まで少し時間があったのでカイロ空港で買い物でもしよう、と思ったがあまりお店はなく、それでは、と空港ラウンジに向かった。カイロ空港にはプライオリティパスで利用できるラウンジがある。
行ってみると想像以上におしゃれでセンスの良い空間。お料理や飲み物の品ぞろえも素敵。軽くお夜食をいただいて出発までの時間を過ごす。
プライオリティパスは誰だって持つことができるカードであることを付け加えておく。(詳しくは空港ラウンジの基本とプライオリティパス

0:45発エミレーツ航空EK926便で一路ドバイへ。このフライトはエコノミークラスシート。約3時間半のフライトは寝ていてあっという間だった。エミレーツはエコノミーだって快適。モニターはでかくて映画も充実。

機内食もおいしかった。

6:15ドバイ空港到着。ここで乗り換えだが、4時間待ち。買い物やラウンジで過ごす。ドバイ空港はお店が大量にあるので買い物が楽しい。ラウンジのクオリティもハイレベルだ。

10:35ドバイ出発。エミレーツ航空EK654便。いよいよ、ビジネスクラスです。庶民としてはドキドキがとまりません。

ビジネスクラスは優先搭乗。

ビジネスクラスは搭乗口が別

ビジネスクラスエリア

そしてこちらが今回のマイシート

乗ってから知ったのだけどなんと前か壁のバルクヘッド席!足元広すぎて意味が解らない。クロックスが庶民感をかもしている。

広すぎてモニター遠くない?って思ったけどモニターがでっかいうえに、操作タブレットがシートに完備。

備え付けポケットにはなんと最初からミネラルウォーターが。前の搭乗客の忘れ物ではない(LCCだとあるある)

そしてウエルカムシャンパン。朝からシャンパン。略して朝シャン。

そしてメニュー表が配られました。

お酒メニューはなんでもござれ、食事はアペリティフが2択、メインやデザートが3種類から選べちゃいます。えーーどうしよ、どうしよ。

スポンサーリンク

ところで出発時間を過ぎてもなかなか出発しません。何かあったようです。搭乗してから50分も待機したのち遅れて離陸。
飛行が安定したところで飲み物を注文。バージンモヒート(ノンアルコールモヒート)。ガラスのコップでミントが添えられた本格的カクテル。おつまみも。なんということでしょう。

テーブルをきちんとセットしてもらい、お食事が運ばれてきました。
選んだのはアラビックアペリティフとチキン料理。

そしてデザートと食後のコーヒー。

けっけっけしからん!!(≧■≦;)
なんたる至福の時間。

ビジネスクラスシートのバリューはこれだけではありません。エコノミーとの大きな違いはこちら。

そう、シートがフルフラットに倒れることです。

おやすみなさい。

…って寝れないよ!もったいなくて。
この時間を有意義に使いたい(ザ★庶民)

びっくりした装備はほかにもある。
たとえばこちら

何と窓のブラインドの開閉がオート!ボタン一つのオート!
そしてもうひとつ。隣の席との間にある仕切り

これもボタンで上げ下げできるのだ。隣の人が気にならなーい。
コーフンさめやらぬ。。。

寝起きのエスプレッソ(ねてないけど)

コロンボまで約4時間半のフライトはまさに至福の一言。こんな世界があったなんて。機上の天国。

ビジネスクラスの価値とは、フライトを単なる移動時間ではなくその時間も「楽しい旅の一部」にしてくれること。

以上、”庶民がエミレーツ航空ビジネスクラスに乗ったら天国だった”レポートでした。

飛行機は定刻より30分遅れの16:50にコロンボ国際空港に到着。ここからはスリランカ航空に乗り継ぎ日本に帰ります。
トランスファーカウンターでボーディングパスを受け取り、乗り継ぎ時間3時間をラウンジで過ごす。食事してシャワー借りてさっぱり。
19:50コロンボ出発。スリランカ航空UL454便。成田空港までは約9時間のフライト。
長かった旅もこれで終わりのラストフライト。
翌7:30成田空港到着。

This Travel data

11/16 成田前泊
11/17 成田出発~コロンボ経由~モルディブ着(モルディブフルマーレ泊)
11/18 離島リゾートへ移動(トルハジリリゾート泊)
11/19 トルハジリリゾート泊
11/20 リゾート移動 パラダイスアイランドリゾート泊
11/21 モルディブ出発~コロンボ~ドバイ
11/22 ドバイ出発~エジプトカイロ(カイロ泊)
11/23 エジプトカイロ泊
11/24 (夜)カイロ出発
11/25 ドバイ経由~コロンボ乗り換え
11/26 (朝)成田帰着



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. ホテルマイステイズプレミア成田 旅出発と成田前泊「ホテルマイステイズプレミア成田」レポート
  2. 最終日!モルディブトルハジリリゾート滞在レポート3
  3. マレ空港 【旅レポート】マレ ヴェラナインターナショナル空港レポートとモル…
  4. 【旅レポート】ギザのピラミッドで撮影されまくる編[一人旅]
  5. JAL 海外1人旅の計画「たまったJALマイレージ55000でどこかに行…
  6. スフィンクス2018 一人旅-エジプトの情勢と情報収集2018
  7. Smartline Eriyadu Maldives モルディブ一人旅のホテル選びと予約2018
  8. Paradise Island Resort & Spa 1泊1万円台!モルディブ「パラダイス アイランド リゾート」レポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。iPhone8がサブ機です。 詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」 Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 Nikon 広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

Asia

  1. Risata Bali Resort

カテゴリー記事一覧


PAGE TOP