モルディブ&エジプト2018

【旅レポート】ギザのピラミッドで撮影されまくる編[一人旅]


スポンサーリンク

11月24日 am8:00 エジプト

今朝もグレートピラミッドインのグレートな朝食で始まる。
ルーフトップの席は昨晩雨が降ったせいでコンディションが悪いということでレストラン室内の席に案内される。

今日は最終日。夜の便でカイロを発つ。
エミレーツ航空便オンラインチェックインをしようとスマホで操作しているとエミレーツ航空から来ていたメールが目に止まった。内容はビジネスクラスアップグレードのオファーだった。しかも安い!ドバイ→コロンボがたったの35900ルピー/約23000円。思わず申し込んでしまった。4時間の短距離フライトだけどエミレーツのビジネスを利用できる機会なんてきっとこれが最初で最後。帰りのフライトが急に楽しみになった。ちなみにカイロ→ドバイはアップグレード枠がもうなかった。

食事を終えて、宿のスタッフと記念撮影。喜んで撮ってくれた。アリババさんとかアラジンさんとかいかにもな名前のスタッフたち。

さて、今日の予定。
この宿は12時には出なくてはいけない。そして出発の飛行機は日付が変わった24:45発で22時ごろに空港に行く必要がある。それまでいかに過ごすか。
そんなに夜遅くまで街をぶらぶらして時間をつぶし続けることは無理だとはわかっていたので、実はこの夜も宿をとってしまっていた。泊まるわけではなく一時休憩と荷物置き場などベースキャンプとして使うためだ。カイロの町中にある安宿で一泊3700円。もっと安いとこはいくらでもあったけど、ある程度きれいそうなところを選んだ。
今日はまず、ゆっくりひとりでピラミッドを再び見て廻り、その後に移動しようと決めた。宿をチェックアウトして荷物を預かってもらい目の前のピラミッドへ向かった。
入場口はすごい混雑でガヤガヤしており我先に入ろうとするお客やそれを止めようとするスタッフの怒号が飛ぶなど、カオス。おとなしく並んでいるとスタッフが私を見つけて優先して入れてくれた。どうも周りはほとんどローカルの人で、外国人旅行客は特別扱いのようだ。今日は土曜日なのでローカルも仕事は休み、だから混んでいるそうだ。

セキュリティチェックを抜けて入場すると目の前にピラミッドとスフィンクスが飛び込む圧巻の風景。

一昨日来た時と同じく、ガイドが「案内するぜ」と近寄ってきたので、今度ばかりはしっかり断った。
「二度目の訪問だからガイドはいらないよ」
歩いてピラミッドのほうへ向かう。
左にスフィンクス。

右にクフ王のピラミッド。

目の前には馬車。

この馬車の馬が鞭でめちゃくちゃに打たれてて見ていられなかった。よく見ると膝からは血が出ていた。
昨日は馬車に乗ったがもう乗るのはやめようと心の底から思った。

クフ王のピラミッドに近づいた。

でかい。とにかく、でっかい。
ピラミッドの周りをぐるりと廻り、反対側まで来たところで岩に腰掛け、眺める。

・・・でっかいなぁ・・・

座ったまましばらくぼんやりしていると、何やら子供の集団が近づいてきた。
「すいません、一緒に写真とってもらえませんか?」
「へ?え、あ、いいいけど?」
「ありがとうございます!」
「僕も!」
「私も!」
「あー!次ワタシ!」
え、え、え、えーーー?
子供たちは次々に手にしていたスマフォで私と一緒に自撮りを始めた。
「ありがとうございます!」
子供たちが去っていった、かと思いきや、また別の子供集団が同じように近づいてきて写真をリクエストしてきた。
「私も写真いいですか?」
中には子供の親までもが写真を一緒に取ってくれとスマホを取り出す。



ここエジプトの人は外国人と写真を撮ることが好きだ、という話。特にアジア人は人気なんだとか。
にしてもその熱意たるやすさまじく、芸能人にでもなった気分。私の人生においてこんなに写真を撮られたことはない。しいて言えば結婚式で和装で庭で写真撮影していた時に外国人観光客にカメラを向けられた時くらいだ。
でもなんかうれしいよね。ローカルの子供たちとの触れ合い。エジプトの人たちがこんなフレンドリーだとは知らなかった。

「ラクダ乗らないかい?安くしとくよ。ラクダだよ」
ラクダ引きのめちゃくちゃしつこい客引きも、楽しんでしまえばいい。
「お金ないからいーです。ノーマネー」
「じゃタダでいいよ、乗って乗って」
「いやほんとイイですイイですw」

ラクダ引きが去ったと思ったら、続いて馬引きによるセールス。動画撮ってる時にやってきたから、そのままインタビューw。
その間にも子供たちが写真をリクエストしに来たりととにかく、ほっといてもらえない。
“ピラミッド群を前に悠久の歴史に想いを馳せる“
なんて猶予はない。面白すぎるエジプト。

園内をぐるりと歩きスフィンクスの近くまで行く。チケットを見せて遺跡のような回廊を抜けると間近で観られるエリアに行くことができた。
ピラミッドの守護神。カッコいいね。
なかなか見ることのないおしり側にも行ってみる。長い身体はウチの犬(ダックスフンド)みたいだ。

その後も客引きや子供たちを適度にかわしうろうろと歩き回りピラミッドを眺め、気がつけば3時間が経過していた。ここはどれだけいても飽きない。
とはいえいつまでもここに居るわけにもいかない。ピラミッドを後にしていったん宿に戻り、荷物をピックアップ。タクシーを呼んでもらった。定額の120エジプトポンド(約750円)で良心的。現金が少なくなってきたので近くのATMでキャッシングをした。ピザハットの1階にあった。このピザハットは「スフィンクスの目の前にある」ことでも有名だ。確かに地図で見るとスフィンクスの目の前にいちしているが、結構な距離があり壁もあるので言われているほど目の前ということもない。

ギザのピラミッドは、またいつかこよう。その時はきっとまたグレートピラミッドインに泊まろう。

関連リンク
グレートピラミッドインレポート

This Travel data

11/16 成田前泊
11/17 成田出発~コロンボ経由~モルディブ着(モルディブフルマーレ泊)
11/18 離島リゾートへ移動(トルハジリリゾート泊)
11/19 トルハジリリゾート泊
11/20 リゾート移動 パラダイスアイランドリゾート泊
11/21 モルディブ出発~コロンボ~ドバイ
11/22 ドバイ出発~エジプトカイロ(カイロ泊)
11/23 エジプトカイロ泊
11/24 (夜)カイロ出発

11/25 ドバイ経由~コロンボ乗り換え
11/26 (朝)成田帰着



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. JAL 海外1人旅の計画「たまったJALマイレージ55000でどこかに行…
  2. 【旅レポート】エミレーツ航空とドバイ空港のラウンジめぐり!
  3. 【旅レポート】カイロの安ホテル「グランド ロイヤル」の親日家主人…
  4. イケメンガイドアダム 【旅レポート】イケメン日本語ガイドとめぐるカイロ観光一人旅とグレ…
  5. 【旅レポート】エジプト カイロ到着とホテルまでの珍道中
  6. スフィンクス2018 一人旅-エジプトの情勢と情報収集2018
  7. ホテルマイステイズプレミア成田 旅出発と成田前泊「ホテルマイステイズプレミア成田」レポート
  8. 最終日!モルディブトルハジリリゾート滞在レポート3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP