モルディブ&エジプト2018

【旅レポート】イケメン日本語ガイドとめぐるカイロ観光一人旅とグレートな夜

イケメンガイドアダム
スポンサーリンク

11月23日 am7:30 エジプト、カイロ。
滞在しているギザの宿「グレートピラミッドイン」のルーフトップにあるピラミッドを見渡せる絶景レストランで朝食。なんという贅沢な時間。
フムスやタヒーニなどエジプトご当地料理が並ぶ。オーダー式の卵料理とたっぷりのフルーツカクテル、ヨーグルト、パンに飲み物。

朝食の後、フロントで市内観光ツアーの相談をした。昨日からいろいろと考えて、勝手がわからないこの街で一人で歩き廻るのはちょっと難しいと判断し、昨日案内してもらったツアーで廻ろうと決めたのだ。
「すいませーん、昨日案内してもらったツアーをお願いしたいのですが」
「わかった、確認するからちょっと待って」
「できれば日本語ができるガイドさんがいいです」
「OK、ちょっとまってね」
10分ほど待って確認がとれたようだ。
「OK、予約できたよ。10時に出発だからね。時間になったらフロントに来て」
「ありがとうございます!」
支払いはクレジットカードで払った。日本語ガイドさん+運転手+車のプライベートチャーターでの市内観光が105USドル。ベルトラで予約するより安い。
現在の時間は9時。1時間後には出発だ。部屋に戻ってシャワーを浴びて身支度を整える。10時になってフロントに降りて待機。すること10分、、20分、、、30分。。。
こないなぁ。
待ちくたびれてソファでグダグダしていたら、ガイドさんがやってきました。
「すいませーん、私がガイドです。よろしくお願いします」
なんと、イケメン!許す。

予定より30分遅れで車に乗り込み出発です。ガイドさんの名前はアダム。30歳、独身。日本語もお上手。
本日のツアーコースは、カイロ博物館→オールドカイロエリア(アズハルモスク他)→ランチ→パピルスの店→エル・ムアッラカ教会というもの。入場料やランチ代はすべて込み。ランチの飲み物だけ別料金。

最初に向かうカイロ博物館は、ツタンカーメンのマスクやミイラなどが展示されている世界的にも有名な博物館だ。着いてみると入り口は激混み。しかしアダムは慣れたようにグイグイ進みチケットを購入して誘導してくれた。ガイドさんがいて良かった。いなかったらいつまでも並んでいただろう。
広大な博物館はきちんとすべて見ていたら1日では回りきれない。ということで有名どころだけをダイジェスト的に2時間足らずで回ってくれた。日本語で説明してくれるのでひとつひとつをよく知ることができた。
ここはまた再訪して個人でじっくり見ようと思った。

カイロ博物館

カイロ博物館

イケメンガイドアダム

ガイドアダム

モスクの前でいくら

モスクの前でいくら

ランチ

ビュッフェスタイルのランチ

一通り廻って15時には宿に戻った。
チップをそれぞれに渡して($10+$30)お別れです。

夕方になってルーフトップへ。他にも数人、宿泊客がここに。

ピラミッドに沈む太陽をただ眺める。

念願のコシャリ

その後、また少し外出して周辺を散歩。
目についたお土産屋に入ってみたり、写真を撮ったり。
ギザの街の雰囲気を全身で感じる。

ネオン輝く飲食店の前を通ったとき、ふと足を止める。
これはもしや、エジプトに来たら食べたいと思っていた「コシャリ」では?

「コシャリだよー、食べていきな、コシャリ、コシャリ」
恰幅のいい髭の店の店主と目が合って声をかけられる。
ふむ。これは試してみようではないか。少しドキドキしながらお店に入った。

店内にあるメニューはアラビア語のみ、さっぱりわからん。
先ほどの店の店主が聞きに来てくれて適当にコシャリを頼んだ。
そしてでてきたのがこちら

初コシャリ。ワクワク。
見た目はなんかアレだけど、エジプトのソウルフードだ。何か響くものがあるに違いない。
下のほうはパスタが入っていて添えてあるトマトソースをかけてよく混ぜて食べる。
もぐもぐ。

うん、イケる。一言で言うと、「トマトパスタ」。
ただ、一回食べればいいかな、みたいな。。
20エジプトポンド、約120円。やすーい。

Restaurant Data

Koshary Hekaya كشرى حكاية
後から調べたらローカルでもけっこう人気のコシャリ屋さんだということが分かった。
トリップアドバイザー情報

宿から驚きのプレゼント

宿に戻る。フロントを通りがけに「コシャリたべてきたよー」っと言ったら
「オーノー、なんで食べてきちゃったんだ」と宿の主人。
??
その意味は後になって分かった。

その足でルーフトップに登る。そろそろ音と光のショーが始まる時間。
今夜もルーフトップで観覧しようと。
ジンジャーレモンティを頼んで温まりながら、昨日と同じくショーを楽しんだ。

ショーが終わった後、宿のスタッフからあたたかいスープがレストランにいた全員にふるまわれた。
えっ!サービス?嬉しいなぁ。野菜スープは優しい味で冷えた体に染み渡る。
そして、さらにサラダ、フムス、パン、そしてメインの肉料理までが運ばれてきた。
え?え?え?頼んでないけど?
びっくりして尋ねると
「今日は夕食をみんなにサービスする日なんだ。遠慮せず食べてくれ」
なんとーーー!?

今まで世界中でいろんな宿に泊まってきたけれど、夕食を無料サービスしてくれた宿は初めて。しかも、めっちゃおいしい!
これが、さっきフロントで言われた「オーノー、なんで食べてきちゃったんだ」の理由だったのだ。

今回のエジプト訪問、この宿「グレートピラミッドイン」に滞在したことが最高の思い出だ。

Hotel Data

グレートピラミッドイン Great Pyramid Inn
ギザのピラミッド群の目の前という立地。カイロ空港での無料迎えサービス有。送迎スタッフは空港の建物の外にいるので注意。空港からは約1時間。
今回はBooking.comにて予約。2泊朝食付きで税込み174US$(当時のレートで¥20130)
予約・詳細はこちら[Booking.com]

This Travel data

11/16 成田前泊
11/17 成田出発~コロンボ経由~モルディブ着(モルディブフルマーレ泊)
11/18 離島リゾートへ移動(トルハジリリゾート泊)
11/19 トルハジリリゾート泊
11/20 リゾート移動 パラダイスアイランドリゾート泊
11/21 モルディブ出発~コロンボ~ドバイ
11/22 ドバイ出発~エジプトカイロ(カイロ泊)
11/23 エジプトカイロ泊

11/24 (夜)カイロ出発
11/25 ドバイ経由~コロンボ乗り換え
11/26 (朝)成田帰着



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. トルハジリリゾート 楽園すぎ!モルディブ「トルハジリアイランドリゾート」滞在レポート…
  2. 【旅レポート】カイロの安ホテル「グランド ロイヤル」の親日家主人…
  3. 【旅レポート】エミレーツ航空とドバイ空港のラウンジめぐり!
  4. 最終日!モルディブトルハジリリゾート滞在レポート3
  5. h78 at Hulhumale Maldives モルディブ到着とフルマーレのホテルh78レポート
  6. JAL 海外1人旅の計画「たまったJALマイレージ55000でどこかに行…
  7. マレ空港 【旅レポート】マレ ヴェラナインターナショナル空港レポートとモル…
  8. Smartline Eriyadu Maldives モルディブ一人旅のホテル選びと予約2018

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP