モルディブ&エジプト2018

【旅レポート】感嘆!カイロ ギザの宿「グレートピラミッドイン」とギザ散策

スポンサーリンク
グレートピラミッドイン 1泊1万円のピラミッドビュールーム

グレートピラミッドイン 1泊1万円のピラミッドビュールーム

Great Pyramid Inn

11/22 カイロ空港から車で1時間、昼過ぎに宿に到着。今日から2晩滞在するのは「グレートピラミッドイン(Great Pyramid Inn)」。今回の旅で一番楽しみにしていた宿で、予約したのは半年以上前。写真を見て一目惚れしたのだ。

建物は5階建にルーフトップ+1フロアがついている造り。1階は別の店舗になっていて、階段を上がった2階にフロントがある。ホテルではなくゲストハウスやホステルの種別になっている小さな宿。

チェックイン。
「詳しい案内とウエルカムドリンクをルーフトップレストランで用意するから後で来て」
部屋に案内してもらう。ホテルの内装はあちこちエジプトの要素が盛り込んであって気分を盛り上げてくれる。

グレートピラミッドイン

グレートピラミッドイン

今回はふんぱつしてこの宿で一番いい部屋「ピラミッドビュールーム」を予約した。
4階階にある部屋に入り、まず目に飛び込んだ窓越しの風景に思わず声が出た。
「素晴らしい!!」

グレートピラミッドイン

グレートピラミッドイン

広がる、ピラミッドの風景。
なんてアメージングな部屋だろうか。この景色を独り占めできるこんな贅沢な部屋が1泊1万円以下なんて信じられるだろうか。

グレートピラミッドイン

グレートピラミッドイン

圧倒的なビューに魂を抜かれてぼんやりしていると部屋の電話が鳴った。
「レストランで準備してるのでどうぞ」
さっそくルーフトップに上がると、ここにもまたとんでもない景色が待っていた。遮るものなく見渡せる世界遺産ギザピラミッド群。この風景を前にウエルカムドリンクを頂く。生絞りフレッシュフルーツジュース、おいしい。

グレートピラミッドイン

グレートピラミッドイン

ここで宿の主人から宿説明やWiFiについて、カイロの概要やツアーも取り扱ってるという話をもらう。

周辺散策とピラミッド

なんとも離れがたいこの宿から意を決して外出。まずは周辺散策。
一言で言うとカオス。とにかくゴミだらけで汚い。まるでスラム街。それはそれで興味深く。

そしてピラミッド群を間近で見るべく、チケットを購入して中に入った。入るときには一応荷物チェックがある。
「ヘイ、私があなたのガイドだ。こちらへどうぞ」
一見きちんとした身なりのスタッフが、さも当たり前のように案内を始める。胡散臭さまんたんなので無視しようとしたが、あまりにしつこく、私もまだ勝手がわかっていないので、用心深く確認しながら話に乗ってみることにした。案内された先には馬車が。どうぞどうぞと促すので値段を確認したら200エジプトポンドだという。約1200円、まぁ、妥当かな、と思ったので乗ることに。何事もやってみないとね。トラブったらネタにすれば良い。

馬車は軽快に出発してピラミッド群の間を抜けてぐるりと一周してくれた。途中途中で馬車を降りて撮影も。ガイドくんは最低限頑張ってくれてサービスは悪くなかった。
ぐるっとまわってピラミッド園を出たところでツアーは終了。かかった時間は40分ほど。そして支払い。
「200エジプトポンドはツアー代のみ。チップを25ドルくれ」とツアー代より高いチップをしつこく要求してきた。
・・・やはりそうきたか。。
チップを払うのはやぶさかじゃないが高額な金額を指定してくる根性が気分を悪くさせる。チップは払ってあげたが最後に嫌な気分になった。さっそくエジプトの洗礼を受けた感じ。
敷地はとても広く、登り坂が続く道だったので馬車という選択は悪くないけど金額交渉はチップも含め注意する必要がある。ちなみにラクダという選択もある。

16時ごろ宿に戻った。歩き回って疲れてしまい3時間くらい寝てしまったようだ。気が付いたら19時だった。
夕ごはんを宿のルーフトップレストランで頂くことに。この宿の素晴らしいポイントとして、毎晩ピラミッドで繰り広げられる有料の「音と光のショー」がなんとここルーフトップで無料で見れてしまうのだ。
ショーを見ながら、エジプシャンディナー。
なんという至福。

ミックスグリル200エジプトポンドを注文。チキンやラム肉が野菜とともに炒めてあって美味しい。トルコ料理にも似てる。スープやサラダ、フムスにピタパンもついてきた満足ディナー。

部屋に戻れば、テラスから月明かりに照らされるピラミッドの風景。
朝から晩まで、ピラミッドの様々な表情を堪能できる、カイロを旅するのにこれ以上ないであろうホテル
「グレートピラミッドイン」
まさにグレート!

その風景をいつまでもいつまでも眺めた。

Hotel data

グレートピラミッドイン Great Pyramid Inn

ギザのピラミッド群の目の前という立地。カイロ空港での無料迎えサービス有。送迎スタッフは空港の建物の外にいるので注意。空港からは約1時間。
空港到着時間は予約サイトを通じてメールでやり取りする。すぐに返事が来た。
ピラミッドビューの部屋は3階と4階にあり、3階は201-202の2部屋がテラスなしピラミッドビュー。
4階は小さなテラスが付いている301-303の3部屋ある。5階には部屋はなく工事中。6階がルーフトップでレストランになっていて、さらに7階に当たる部分にレストラン用の席がある。
それ以外の部屋はピラミッドとは反対側にあるため景観はなし。こちらの部屋はピラミッドビュールームの半額と安いが、ここまで来たらやはりピラミッドビューの部屋をお勧めする。
今回はBooking.comにて予約。2泊朝食付きで税込み174US$(当時のレートで¥20130)
予約・詳細はこちら[Booking.com]

This Travel data

11/16 成田前泊
11/17 成田出発~コロンボ経由~モルディブ着(モルディブフルマーレ泊)
11/18 離島リゾートへ移動(トルハジリリゾート泊)
11/19 トルハジリリゾート泊
11/20 リゾート移動 パラダイスアイランドリゾート泊
11/21 モルディブ出発~コロンボ~ドバイ
11/22 ドバイ出発~エジプトカイロ(カイロ泊)
11/23 エジプトカイロ泊
11/24 (夜)カイロ出発
11/25 ドバイ経由~コロンボ乗り換え
11/26 (朝)成田帰着



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. マレ空港 【旅レポート】マレ ヴェラナインターナショナル空港レポートとモル…
  2. JAL 海外1人旅の計画「たまったJALマイレージ55000でどこかに行…
  3. トルハジリリゾート 楽園すぎ!モルディブ「トルハジリアイランドリゾート」滞在レポート…
  4. 【旅レポート】カイロの安ホテル「グランド ロイヤル」の親日家主人…
  5. h78 at Hulhumale Maldives モルディブ到着とフルマーレのホテルh78レポート
  6. マレ空港スリランカ航空 快適!スリランカ航空でコロンボ経由モルディブへ。機内食やコロンボ…
  7. 楽園の過ごし方。モルディブ「トルハジリアイランドリゾート」滞在レ…
  8. スケジュール 海外1人旅の計画と手配「JAL特典航空券でモルディブ行きと+α」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP