モルディブ&エジプト2018

【旅レポート】エミレーツ航空とドバイ空港のラウンジめぐり!

スポンサーリンク

11/21 コロンボ22:05
エミレーツ航空 EK655便は定刻通りコロンボを出発。ドバイまで約4時間半のフライト。

席は窓側を選んだ。3列シートの真ん中が空席でちょっと広々。こういうのを狙って席を選んでもいるのですが成功確率は50%くらいの感覚。
座席のモニターはすごく大きくて操作性もよい。映画プログラムも充実している。
しばらくすると機内食が配られた。メインは2つから選べチキンをお願い。ラウンジで食べてきちゃったけど、しっかりいただきました。フライトの一番の楽しみだもの。エミレーツの食事はおいしい。

4時間のフライトはあっという間。日付が変わった深夜1時過ぎにドバイ国際空港に到着です。
24時間眠らないドバイ空港はこの時間でも免税店はフルオープンで人も多く深夜とは思えない賑やかさ。
カイロ行きフライトは朝8:10。7時間あるので今夜はここドバイ空港内で過ごします。ホテルをとることも考えたけれど、一番便利な空港内トランジットホテルは一泊2万円くらいと数時間寝るだけに利用するには高すぎる。入国すれば空港周辺には手ごろなホテルがあるけれど、近いといってもシャトルバスで15-20分離れてたり入出国手続きの手間を考えると寝る時間は4〜5時間くらいになってしまい現実的じゃない。
第一候補は空港内に最近できたという簡易宿泊施設「Sleep in fly」。小さなカプセルホテルみたいなもので、なんとプライオリティーパスで4時間だけ無料で使えるとか。ただし、空いていればの話。Webから予約もできるけど(http://sleep-n-fly.com/またはBooking.com)予約は「8時間滞在パック」みたいなものしか予約できず値段も1万円~とホテルくらいするのでやめておいた。空きがある事を期待しててまずは行ってみた。コンコースAにある。

ところが。
やはり満室、とのこと。残念。

こうなったらラウンジです。ドバイにはプライオリティーパス(詳細はこちら)で使えるラウンジがけっこうたくさんある。その中でできれば寝やすい席があるとこがいいなと思ったけどそこまで詳しい情報は事前に見つけられず、行ってみるしかない。
向かったのはSleep in flyと同じコンコースAにある「マルハバラウンジ」。5分ほど歩いた先のエレベーターで上がったところにあった。エレベーターを降りると広い空間の真ん中に大きなカウンターがどーんとあり女性スタッフが受け付けをしていた。プライオリティーパスを出して手続き。毎回必ず電子サインを求められる。うまく書けないんだよね。「滞在は最長3時間までです」といわれ、今2時だから5時くらいまで仮眠できる。それで充分。

ラウンジをぐるりと見回すと右手前方にドリンクや食事ビュッフェコーナーがあり反対側にいろんな席が並んでいたのでそちらに行ってみる。一番奥に寝るにはおあつらえ向きのリクライニングチェアがありました!しかもあいてる。これはいいぞ。


時間も時間なのですぐに寝る体制に。トレーナーを丸めて枕がわりにして靴下を履いて、靴は脱いで、上着を布団がわりにして、おやすみなさい。おっと5時にタイマー。アイフォンであまりうるさくない音でアラームセット。

ピピピ ピピピ ピピピ
5時を知らせるアラーム。ぐっすりとはいけないけど、足を伸ばして休めただけでもスッキリできた。
滞在は3時間まで、とは言われたもののそれをチェックするしくみはないのでどうしてるんだか。でも真面目な日本人はキチンと3時間で退出です。
さて。出発までまだ2-3時間くらい余裕が。そこで、別のラウンジに入っちゃうことにしました。ラウンジのハシゴ。プライオリティーパスルールでこれがいいのか悪いのか情報がないので行ってみればわかるかなと。
まずカイロ行きの便が出発するコンコースBに移動。ここにもプライオリティーパスで使えるラウンジは2つある。その中から「Aflan Lounge at B」に入った。ここはレストラン機能が優れててお料理が充実している。カウンターでプライオリティーパスとボーディングパスを出して問題なく入れた。シックでモダンなインテリアが素敵。

そして想像以上に充実のお料理メニュー!ここで無料の朝ごはんにしましょう。ドリンクはカウンターでのオーダー制。熱々のカフェオレをお願い。いろんな種類のパンやアラブの定番フムスやスイーツまで、しあわせな朝食となりました。プライオリティーパス最高。


ラウンジをぐるっと廻ってみるとここにも寝るのにちょうどよい席があり実際寝てる人が何人もいました。もしまた空港に泊まる機会があればここにこようと思ったのでした。

ドバイ出発-カイロへのフライト

8:10amエミレーツ航空EK927便は定刻通りに出発。エジプトのカイロまで約4時間のフライト。


大きなモニターはタッチパネル式。取り外しできるコントトーラーもタッチパネル&ボタンで操作。
窓からはドバイの街並み。遠くにブルジュカリファも見える。

モニターではフライトステータスをリアルタイムで確認できる。

機内wifiが20MBまで無料で使える。150MBで9.99US$、500MB 15.99US$。クレジットカードで精算する。
映画を見たり機内食を食べたりで4時間はあっという間だった。

窓から眼下に街が見えた。カイロに到着だ。

”色のない町” そう思った。

This Travel data

11/16 成田前泊
11/17 成田出発~コロンボ経由~モルディブ着(モルディブフルマーレ泊)
11/18 離島リゾートへ移動(トルハジリリゾート泊)
11/19 トルハジリリゾート泊
11/20 リゾート移動 パラダイスアイランドリゾート泊
11/21 モルディブ出発~コロンボ~ドバイ
11/22 ドバイ出発~エジプトカイロ(カイロ泊)

11/23 エジプトカイロ泊
11/24 (夜)カイロ出発
11/25 ドバイ経由~コロンボ乗り換え
11/26 (朝)成田帰着



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. エミレーツ2018 海外一人旅の手配「エミレーツ公式サイトでコロンボ-カイロの航空券…
  2. 最終日!モルディブトルハジリリゾート滞在レポート3
  3. スフィンクス2018 一人旅-エジプトの情勢と情報収集2018
  4. 【旅レポート】コロンボ空港での乗り換えとトランジットVISA
  5. ホテルマイステイズプレミア成田 旅出発と成田前泊「ホテルマイステイズプレミア成田」レポート
  6. 楽園の過ごし方。モルディブ「トルハジリアイランドリゾート」滞在レ…
  7. トルハジリリゾート 楽園すぎ!モルディブ「トルハジリアイランドリゾート」滞在レポート…
  8. 【旅レポート】カイロの安ホテル「グランド ロイヤル」の親日家主人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP