プラハとトルコ2012

【紀行】夢中で歩いたクリスマスのプラハ旧市街

12月22日
プラハに到着したのは昨夜遅くだったので、今日は丸一日使って街を廻ります。
「黄金のプラハ」とも「北のローマ」とも呼ばれる中欧の古都、世界遺産の街プラハ。そこはまるで映画の中のようでした。クリスマス前の週末、小雪の降る中、寒さもなんのそのマーケットの盛り上がりも最高潮。

プラハ満喫1day

ガイドブックを参考に、観光スポットをホテルから近い順に巡りました。中世さながらの古い街並みは歩いているだけでわくわくします。団体ツアー客も闊歩する観光客に人気の街です。

まず最初に向かったのは「プラハ城」
広大な敷地には見所が点在し、一巡するのに3時間近くかかりました。荘厳な聖ヴィート大聖堂はプラハのシンボル。

プラハ城を出たのは13時。お腹も空いたのでりかかりのレストランに入りました。
注文したのはチェコの伝統的料理がいろいろワンプレートに乗った一皿。これがとんでもないボリューム!ポークソテーと骨付きチキン、厚切りハムの下には3種類の伝統的ソースが敷いてあります。さらにジャガイモを揚げたもの二枚と、クネドリーキ二種(チェコの定番蒸しパン)が添えられています。
食べて見たかったチェコ料理を一度で叶えてしまいました。それにポテトスープと付け合わせのパンとカフェラテとミネラルウォーター。

遠慮なく注文したら、お会計がうあー!でした(^_^;)
ランチに6000円はちょっと失敗w

次に向かったのは「ストラホフ修道院
ここの見所は素晴らしい天井画を持つ2つの図書館。「死ぬまでに一度は訪れたい図書館」にリストアップされている価値ある図書館です。入場料は80コルナ/約400円。
こんな図書館で勉強したら何にでも成れそうな気がするよ。

ここでは写真を撮影するには入場料とは別に撮影料(50コルナ/250円) を払わないといけません。勿論、払いますとも!有料のせいか変に燃えてしまいたくさんシャッターをきりました。

修道院を後にして、敷地を抜けて丘を下り、旧市街のほうへ足を向けました。
プラハは観光スポットを巡らなくとも街並み自体が素晴らしく、美しく、歩いているだけで楽しい。マーネス橋を渡りヴルタヴァ川を超え旧市街広場へ。ここは昨晩来た盛大なクリスマスマーケットが開かれてる広場。
今日は広場に隣接する「時計塔」に登ります。広場を一望できるのです。チケット売り場はなかなかの混雑。日がく暮れて広場が煌びやかになるこの時間は最も混雑するのかも。
チケットを手に入れて、入口に回りこみ(大変わかりにくいため、日本語の案内ももらいました)、エレベーターで上がったところに塔の入口があります。塔はエレベーターか階段で登ります。混んでいたので階段で頑張りました。(半分くらい登って息が切れてちょっと後悔w)

でも、この景色の前に疲れは吹っ飛びました。

ブラボー!!!!\(^■^)/

しかし混雑ははんぱなく、狭い野外回廊テラスはぎゅうぎゅうで身動き取れません。
▼ぎゅうぎゅうの回廊 右:登った時計塔を下から見上げ

帰りは意外と空いていたエレベーターで降りました。(普通逆だな)

時計塔をおりてからは昨日に続き今日もクリスマスマーケットを散策。トゥルデルニークやチョコフルーツを味わい、レープクーヘンを買ったり、クリスマスオーナメントを見たり、楽しくて楽しくて。
かれこれ2時間はぷらぷらしてから、さらに町歩きを続けます。

なんだろう、このしんみりする感じ。

6時過ぎでもう真っ暗ですが人は多く活気があり。

もっともっとあちこち見たい!歩き回りたい!
とにかく飽きることなく、好奇心は尽きることなく

しかし、リミットを越えてしまったのは「体力」。

朝からずっと歩きどおしで足腰が・・・ほんとやばい。まじ、やばい。
1歩を踏み出すのもやっとなほどに。。。

落ち武者のようにふらふら歩いていると、ふと目についたとある店の前で私は足を止めた。
こちら

タイ式マッサージ

「こ、こ、これはいいかも!」
どきどきしながら入店すると店内はなかなかの混雑。
メニューを見て料金は問題なかったので1時間のマッサージをお願いしました。トラディショナルタイマッサージが1時間799コルナ(約4000円)

これは効果てきめん!体が軽い!
おかげで、もうたどり着けないんじゃないかと思っていたホテルまで歩いて戻ることができそう。
明日もこようかな。
マッサージ店を出たのは20時ごろ。さすがにそろそろ帰らないと。
軽くなった体で軽快にホテルへと足を向けます。
・・・ととと、こんな時間でもまだクリスマスマーケットがやっています。
ダメだ、ここに来るとどうしても足がとまってしまう
またしてもぐるぐるぐるぐる、マーケット巡り。
ああもう、なんて素敵なのなんてなんて・・・
大好きだー!!>(^■^*)

人も少なくなり店じまいを始めているところでした。

そして、一度は回復したかと思った足腰がまた・・・。
再び落ち武者のようにふらふらとホテルにむけて歩きます。

ホテルはブルタバ川の対岸にあり、カレル橋を渡ります。

カレル橋は、両サイドにいくつもの彫刻があしらわれた立派な橋でプラハのシンボル。
Googleマップ上ではなぜか一本の細い線でしめされています。公道じゃないからとか?

橋を渡りきり塔の下のトンネルをくぐると対岸の街。

ここは絵本の中ですか?

ここからホテルまでは15分くらいかかる。疲れた足腰でゆっくりゆっくり歩きます。
もうだいぶ夜も更けたけれど、女1人、治安の不安は感じませんでした。街が美しすぎて。
途中、あいていた小さなマーケットで飲み物を買ってホテルに戻ったのは22時ごろ。
すべてが、あまりに素晴らしすぎて、ついつい遅くなってしまいました。


今日の散策ルートマップ:赤いラインが散策ルート。約8キロ。赤いベッドマークがホテル、ホーク・ナイフマークがランチを食べたレストラン。その他マーカーは立ち寄りスポット等。


より大きな地図で 2012EU を表示

Travel Data:
国:チェコ共和国|首都:プラハ|通貨:コルナ|言語:チェコ語|


より大きな地図で 2012EU を表示
12/22スケジュール
08:00朝食
09:00街歩きに出発
10:00プラハ城
11:00
12:00
13:00レストランでランチ
14:00
15:00修道院
16:00
17:00時計塔
18:00クリスマスマーケット
19:00散策
20:00タイマッサージ
21:00
22:00ホテル帰宿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

はじめての海外ひとり旅は19歳、フランス パリ。以来、旅歴約20年超、世界40カ国100地域くらい。普段は会社員でWebデザイン&運用を生業としている。
いくらの詳細プロフィール>

関連記事

  1. プラハ到着-夢のクリスマスマーケットとファンタジーな宿
  2. ドレスデン世界最古のクリスマスマーケット
  3. イスタンブール~旧市街めぐり~|プラハとトルコひとり旅2012
  4. 美しく煌びやかなプラハのクリスマスマーケット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP