モルディブ2019

モルディブマーレの街散歩〜そこはアジアの喧騒

スポンサーリンク

モルディブ最終日に時間があったので、首都マーレ(Mare,マレともマレウともいう)の街を散策した。
リゾートの雰囲気とはまるで違うモルディブの一端を見る事ができ、短時間だけど個人的には面白かった。

移動するボートの中から見たマーレの街。世界一小さな首都で人口過密エリアともいわれるマーレ。島のぎりぎりまで建物がぎっしり並んでいるように見える。

マーレの街は空港のある島の隣の島にある。側から側まで30分もあれば歩けてしまう小さな島だ。空港と島は昨2018年に開通した橋で繋がっている。この橋は中国資本によるものだ。橋ができるまでは島と島の移動はボートだけだった。今でもボート便はあるが、タクシーで移動できるようになって便利になった。

モルディブの空港とマレをつなぐ橋

今回、私たちはマーレ市内にあるホテルをデイユースするためにとっていたので、ホテルの無料送迎サービスで空港で出迎えてもらい車で移動した。
ホテルへは10分ほどで到着した。昨2018年にできたばかりの新しいホテルだ。

ホテルSamann Grand

時間は14時。チェックインをして部屋で少し休んだのち、さっそく街歩きへ。地図を見ながら中心部のほうへと向かう。

町の第一印象は「アジア」だ。

そしてアジアならではのフォトジェニックな風景がところどころに。


スポンサーリンク

お土産屋が並ぶ界隈までやってきたら、客引きがものすごーくしつこくついてくる。これもアジアあるある。

お土産屋ではUSドルが使えたけれど、ミニマートやカフェではモルディブの通貨ルフィアが必要そう。
そこで20ドルだけ両替した。
おしゃれなカフェが所々にある。

とあるカフェでローカルっぽい何かを購入。

食べてみたら、中身はモルディブのソウルフード「マスフニ」がぎっしり詰まってた。マスフニとは、モルディブ(唯一)の名産品”ツナ缶”を使ったメニュー。ほのかなココナッツ味でちょっとピリ辛。

一部エリアは開発中で、中には中国資本の建物も。

昨年までモルディブは中国と蜜月関係にあったが、それも政権交代で変わってゆくだろう。
あやうくモルディブが中国になってしまうところだった。

町のアジアの喧騒とはうって変わって、ホテルのルーフトップレストランはとってもおしゃれ。

ここでディナーをいただきながらアーバンナイトを楽しんだ。

ホテルSamann Grand

22時、ホテルの送迎で空港に戻り帰国の途へ。
以上、マーレ散策レポートでした。楽しかった!

ほとんどの旅行客はマーレはスルーしてリゾートに移動する。リゾートからのエスカーションで訪問するプランもあるけど、余計に往復することになるのでリゾートの前後に時間作って組み込んだ方が無駄がないと思う。ただ無理に行く必要もないかなとも思う。私もモルディブ訪問4回目にして初めてのマーレタウンです。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. 香港航空搭乗レポート!香港経由モルディブ行き
  2. 2019GWモルディブ+香港旅の結果まとめ。行程から費用まで!
  3. モルディブ オルベリ&スパリゾート個人手配レポートOlhuvel…
  4. 香港空港とプライオリティパスラウンジ全レポート!
  5. 香港空港で話題のLINEカフェに行ってきました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

  1. Risata Bali Resort
  2. Riva Arun Bangkok

カテゴリー記事一覧

  1. 現地でSIMを調達

PAGE TOP