エジプト

ミイラも展示されている「ルクソール博物館」レポート(AI解説)

*このページには自動広告が表示されます。広告により無料で情報提供しています


エジプトのルクソールにある考古学博物館「ルクソール博物館」レポートです。
1975年に開館し、主にルクソールとその周辺から出土した遺物が収蔵されています。
あまり広くはないものの、重要な古代遺物を展示しています。カイロの博物館と比較するとすいているので落ち着いてみることができる。

料金は300エジプトポンド(2024年5月当時のレートで約1000円)

場所はルクソール神殿とカルナック神殿のちょうど間位。

見どころ(AI解説)

  1. アメンホテプIII世の頭部像
    • 特徴: この巨大な像は、アメンホテプIII世の威厳ある顔立ちを捉えた作品で、当時の彫刻技術の高さを示しています。
  2. トトメスIII世の彫像
    • 特徴: 新王国時代のファラオ、トトメスIII世の立像で、彼の勇猛さと統治力を象徴しています。
  3. アメンホテプIV世(アクエンアテン)の石碑
    • 特徴: 宗教改革を行ったファラオ、アクエンアテンのレリーフが施された石碑です。アテン神への崇拝を描いた貴重な資料です。
  4. トゥトアンクアメン王の宝物
    • 特徴: トゥトアンクアメン王の墓から発掘された金の装飾品や武器など、黄金の工芸品が展示されています。
  5. アクエンアテンの娘たちの彫像
    • 特徴: アクエンアテンの娘たちを描いた家族肖像は、アマルナ芸術の代表作です。写実的な表現が特徴です。
  6. 王家の谷の木製模型
    • 特徴: 王家の谷にあるファラオの墓の一部を再現した木製模型で、当時の墓の構造や埋葬習慣を学ぶことができます。
  7. ヒエログリフの解説パネル
    • 特徴: 古代エジプトの文字であるヒエログリフについて学べる教育パネルが設置されており、初心者にも分かりやすく解説されています。
  8. 王妃アムネンヘミペルのミイラ
    • 特徴: 美しく保存されたミイラが展示されており、古代エジプトのミイラ化技術を目の当たりにできます。
  9. カルナック神殿の装飾品
    • 特徴: カルナック神殿から発掘された装飾品や彫刻の断片が展示されており、その豪華さを実感できます。
  10. スカラベの護符コレクション
    • 特徴: 古代エジプトで広く使われたスカラベ形の護符が多数展示されています。それぞれのスカラベには異なる象徴的な意味が込められています。

ミイラ

2体のミイラが展示されています。

翻訳:ファラオのミイラ
18 世紀後半から 19 世紀前半の王朝: デイル エル バハリ このミイラはナイアガラ フォールズの博物館で発見されました。1800 年代後半に購入されて以来、誰にも気付かれずに放置されていました。最近、アトランタのマイケル C. カルロス博物館 (MCCM) に購入され、慎重に研究されました。18 世紀後半から 19 世紀前半のファラオのミイラで、第 19 王朝の創始者であるラムセス 1 世のものである可能性があります。最近、アトランタの人々からエジプトの人々への贈り物として、MCCM に返還されました。

翻訳:第 18 王朝のアフメス王のミイラ、デイル エル バハリの隠し場所
ミイラ化した遺体とリネン

このミイラはデイル エル バハリの王族のミイラの隠し場所から発見されました。このミイラは第 3 中間期に忠実な司祭によって移動されたものです。アフメス王の死亡時の年齢はおよそ 33 歳と推定されています。興味深いことに、この偉大な戦士王はミイラから判断すると華奢な体つきで、関節炎を患っていたようです。このことから、彼は力ではなく技術と戦略に頼っていたことがわかります

1時間ほどあれば一通り見て回れる広さです。

まとめ(AI解説)

ルクソール博物館は、古代エジプトの歴史と文化を深く理解するための貴重な施設です。ここでは、ファラオの時代の壮大な彫像や貴重な工芸品、日常生活に関連する遺物など、多彩な展示物を通じて古代エジプトの生活を垣間見ることができます。ルクソールを訪れる際には、ぜひこの博物館を訪れて、古代エジプトの魅力を存分に味わってください。

「スカイスキャナー」で格安航空券を検索


私いくらがいつも利用している航空券比較検索サービス「スカイスキャナー」。公式のAPIを以下に埋め込んでいますので検索できます!旅の始まりはいつもここから。レッツサーチ!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

はじめての海外ひとり旅は19歳、フランス パリ。以来、旅歴約20年超、世界40カ国150地域くらい。普段は会社員でWebデザイン&運用を生業としている。
いくらの詳細プロフィール>

関連記事

  1. カイロ空港からプライベートツアー!ギザの三大ピラミッドへ
  2. ギザのピラミッドで撮影されまくる編|エジプト一人旅
  3. JAL羽田→マニラビジネスクラス搭乗記~特典航空券の旅
  4. シャルム・エル・シェイク一番人気の「ファルシャカフェFarsha…
  5. LCCエアカイロ(AirCairo)国内線搭乗レポート
  6. カイロ「ハン・ハリーリ市場」とイスラーム地区の観光スポットガイド…
  7. エジプト シャルム・エル・シェイク空港国際線ターミナル1とラウン…
  8. シャルムエルシェイクのオールインクルーシブホテル「ヒルトン シャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP