一人旅

阪九フェリー「やまと」で行く瀬戸内海ゆったり船の旅

九州の新門司港から神戸まで、阪九フェリー「やまと」にて船旅をしたレポートです。
阪九フェリーはその名の如く阪神(大阪/神戸)と九州(新門司)を結ぶフェリーで瀬戸内海を航路とした定期便を運行しています。
阪神〜九州間は他にも「さんふらわあ」や「名門大洋フェリー」が定期便を運行していますが、今回あえて阪九フェリーを選んだのは、2019年に造船・就航したフェリー「やまと・せっつ」に乗りたかったから。旅の行程上では正直、別府/大分〜神戸/大阪を運行するさんふらわあの方がずっと効率が良かったのですが、遠回りしてでも阪九フェリーに乗った甲斐がありました。期待した以上の船旅を楽しむことができました。
ちなみに往路は神奈川県横須賀市から東京九州フェリー「はまゆう」にて新門司へと移動しました。東京九州フェリーは2021年9月に新規就航した航路&新造船ですが、個人的な感想としては、はまゆうよりも阪九フェリーのやまとの方が良かったです。そのあたりの理由もレポートしていきます。

新門司フェリーターミナル

今回の船旅の出発は新門司港にある阪九フェリー専用フェリーターミナル。
まず、このターミナルの造形に驚かされます。
どーん!

出発のワクワクがより盛り上がります♪
バイクを規定の場所に停車してまずは乗船手続き。その後ターミナル3階の待合室へ。売店なんかもあり乗船までゆったり過ごせます。一角にこの建物の設計コンセプトが書かれたボードが立っていました。「平城京」をイメージしたとか。

いざ「やまと」に乗船

一般の乗船客はターミナル二階から連結通路で歩いて乗船しますが、今回はバイクなので、自分のバイクに乗った状態で待機。係員の誘導に合わせて車と同じく船の前方から乗り込みます。
バイクはきっちり固定してもらえるので安心。必要な荷物を降ろして客室のある5~7階へ移動します。駐車場から登ルートはちょっと裏口感。一般の歩き乗船のほうがちゃんとメインエントランスから入るのでワクワク感があるんですが。ちなみに航海中はこの駐車場はセキュリティ上クローズされ入ることができなくなります。

スポンサーリンク

5階のエントランスは3層吹き抜けがダイナミック!
濃いブラウンのシックで落ち着いた内装がやまとの特徴です。

まずお部屋に入り荷物を置いたら、甲板へ。
出航のその瞬間は、やはり甲板で空気を感じたい。
夕暮れ時、青から赤に染まる美しいグラデーションの空が広がっていました。

さらば九州。すばらしい旅の時間を、思い出を、ありがとう。
この瞬間の胸いっぱいな気持ちは、船旅ならでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. 苫小牧から大洗へ。さんふらわあ「さっぽろ」船の旅
  2. 魅惑のグランピング「農園リゾートTHE FARM」で大人の休日[…
  3. 客船「あざれあ」で行く新潟から小樽への船旅
  4. 東京九州フェリーで新門司へ!乗船レポート(バイク一人旅)
  5. アパホテル&リゾート両国駅タワーで過ごすアーバンナイト
  6. 石垣島&離島アイランドホッピングひとり旅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP