一人旅

石垣島&離島アイランドホッピングひとり旅

スポンサーリンク

写真はバラス島

沖縄の石垣島は近隣に複数の離島があり、石垣島フェリーターミナルを起点にして廻ることができる。それら離島は「八重山諸島」と呼ばれ、それぞれユニークな個性を持っている魅力的な島になっている。
八重山の中から今回私は4泊5日で小浜島、竹富島、西表島そして石垣島をひとり旅してきた。これら島々は石垣島からフェリーで日帰りで行く事ができるが、それぞれの島をじっくり体感したいと思い一泊づつ宿をとった。毎日宿を移動するホテルホッピングの旅でもあった。

コロナ禍で東京は緊急事態宣言にあるなかで、出発するか否かはぎりぎりまで迷った。ピーチ航空が実施している無料PCR検査を受け、陰性であったら行こうと決めた。

【旅の概要】
◆日程:2021年5月4日~5月8日
◆スケジュール:
[Day1] 早朝成田空港出発NRT7:20(ピーチ航空)
10:30石垣島到着 バスでフェリーターミナルへ(30分)
11:30発フェリーにて小浜島へ(30分)
小浜島 カナンリゾート小浜島泊
[Day2] 小浜島→竹富島
竹富島 ピースアイランド竹富島泊
[Day3] 竹富島→石垣島→西表島
西表島 星野リゾート西表島泊
[Day4] 西表島→石垣島
石垣島 石垣島ビーチホテルサンシャイン泊
[Day5] 石垣島発→成田空港(ピーチ航空)
◆旅の費用:総額約15万円
 -航空券往復 ¥32,880
 -ホテル4泊 ¥72,000
 -滞在費 ¥50,000 (移動・食事・アクティビティ等)

【旅を終えて】
石垣島を起点とした船による離島めぐり、特にこれといった予定も決めず、行き当たりばったりで自由にまわり、スクーターを借りたり、自転車を借りたり、車を借りたり、状況に応じた移動の足を使い気の向くままに、気の向くほうへ。のんびりとした旅だった。

海は美しく、フェリーの移動はそれ自体がアクティビティ。クルージングと言ってもいいだろう、ぜひ屋外の席をお勧めする。

沖縄ならではの文化、グルメも楽しんだ。石垣牛、八重山そば、ジーマーミ豆腐、海ブドウ、さーたーあんだぎー、今やどこでも食べようと思えば食べられるが、現地で作り立てを食べるのはやはり格別。

ホテルもそれぞれ、素晴らしかった。直前まで悩んで決めたホテルはどこも個性的。

良くも悪くも一番心に引っかかったのはカナンリゾート。立派な外観の裏には栄枯盛衰の歴史がある。

最終日は石垣島でリゾートタイムを過ごした。
今回の日程では石垣島はあまり廻れなかったので再訪したい。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マダム いくら

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約20年、世界40カ国100地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。

関連記事

  1. 魅惑のグランピング「農園リゾートTHE FARM」で大人の休日[…
  2. 客船「あざれあ」で行く新潟から小樽への船旅
  3. アパホテル&リゾート両国駅タワーで過ごすアーバンナイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Asia

カテゴリー記事一覧

マダムいくらの撮影機材

ニコンD5600に超広角レンズをよくつかっています。サブ機はiPhone8。

詳細はブログにて カメラ買い替え「ニコンD5600」

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600

Nikon広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR


PAGE TOP